対策をしっかりして眼精疲労知らず|早めの行動が大切だと理解しよう

男性

目薬とサプリで目を守ろう

スーツの女性

おすすめの目薬成分

パソコンやスマートフォンを使用している方の多くが、眼精疲労を感じています。一点を集中して見続けることは、目の周辺の筋肉を緊張させるほか、目の血管を膨張させる、涙の分泌を抑制させてしまうなどの悪影響を及ぼしてしまいます。眼精疲労を常に感じている方は、目薬とサプリメントで改善するようにしましょう。眼精疲労に効果のある目薬は、メチル硫酸ネオスチグミンや塩酸テトラヒドロゾリン、コンドロイチン硫酸ナトリウムが配合されているかを確認しましょう。また、これらの成分の効果を高めてくれるビタミンB6やビタミンB12も配合されていると、さらに眼精疲労に効果を発揮します。目薬を選ぶ際には、成分表示を確認しどのような成分が配合されているかを必ず把握するようにしましょう。

おすすめのサプリ成分

目薬と同時にサプリメントで有効成分を摂ることで、さらに眼精疲労を改善することができます。サプリメントを選ぶ際には、5つの有効成分のいずれかが配合されているかを確認しましょう。その5つの有効成分とは、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチン、クロセチン、アイブライトです。アントシアニンは、ブルーベリーに含まれている成分です。ブルーベリーが目に良いと言われているのは、このアントシアニンが含まれていることが原因です。サプリメントで効率的に摂取することで、眼精疲労を改善することができます。ルテインやアスタキサンチンは、ブルーライトに効果を発揮する成分です。有害なブルーライトの影響を緩和してくれるため、眼精疲労を感じている方に特におすすめの成分です。